カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

トレーニングボックス トレーニングパッド 映像機器 VTT 持針器 エアロゾルボックス


VTT RBC TYPE 【VTT-RBC】



KOTOBUKI Medicalが4年以上の歳月をかけ独自に開発したVTT(Versatile Training Tissue)は、コンニャク粉を主成分とした革新的な医療トレーニング用模擬臓器です。人体組織によく似た触感と強度、伸縮性を持ち高温にも耐えられることから、電気メス、超音波メスといったエネルギーデバイスはもちろん、鉗子操作や縫合にも対応しています。





タンパク質の変性温度である60℃前後で白く変色する『VTT RBC TYPE』は、電気メスや超音波凝固切開装置による熱拡散を可視化するVTTモデルです。

熱拡散の範囲を意識しながら更に臨床に近いリアルなトレーニングが可能です。白く変色した後は常温に戻っても白いままなので、一連のトレーニング後に熱拡散の度合いを評価出来るのもポイント。

2020年10月に発売された『VTT RBT TYPE』と同じく、内部に2色の血管状パーツとリンパ節状パーツがシンプルに埋め込まれた構造となっており、ラパロ(腹腔鏡)や医療ロボットでの基本手技習得に最適なモデルです。各パーツの階層を少しずつずらしながら配置している為、パーツの距離感の違いにも気を付けながらトレーニングを行えます。




■ご使用時は真空パックから取り出し表面の水分を軽く拭き取ってからお使いください。
■開封後は冷蔵庫で保管し3日以内にご使用の上、一般ごみ(生ごみ)として廃棄処理をお願いします。
■未開封保存可能期間 : 製造後6ヶ月
■未開封保存方法 :常温(高温や0度以下は避けて下さい)

■内部構造:
〇血管状紐(直径)
 ・茶:5㎜φ x 3本
 ・白:5㎜φ x 3本
〇腫瘤状球(直径):
  10㎜φ x 4個


■品番:VTT-RBC

【詳細はこちら】




VTT RBC TYPE 【VTT-RBC】

価格:

8,000円 (税込 8,800円)

購入数:

在庫

9個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる






VTTは植物由来の原料を使用して製造されるため石油製品ではありません。
また、トレーニングに動物臓器を使用せずに済むので医療廃棄物を出すことなく、簡単な廃棄を可能とします。










平均寿命の伸長、医療機器の進歩等により、求められる手術は日々高度に、複雑になっています。 腹腔鏡手術等の低侵襲治療は、患者の身体に負担が少ないという大きなメリットがある一方、開腹手術のように肉眼で確認しながら行えない分、より高度な技術と多くの経験が不可欠ですが、その為のトレーニング環境は大きく不足しているのが現状です。

わたしたちは、VTTをより発展させ普及させることで、医療従事者のトレーニング環境を改善し、医療を受ける側、医療を施す側、双方のQOLの向上を目指します。

ページトップへ